• ホーム
  • ページタイトルの最適化やh1タイトルの確認

ページタイトルの最適化やh1タイトルの確認

黒板に書かれたSEOの文字

様々なSEO施策がありますが、その中でも誰でも出来て、なおかつ簡単にできるのが、ページのタイトルの改善です。ページのタイトルとはそのサイトのheader内に書くもので、そのサイトが何のサイトでどんな情報が掲載されているかを表示するものです。また、タブブラウザの場合はタブに表示される文字列でもあります。

このタイトルタグは、基本的にHTML文書内のtitleタグ内に記入します。WordPressなど専門的なツールを使っている場合、基本的には専門的に書き出すことが多いでしょう。もし手動でのサイト構築をしている場合は、自分でも適切にマークアップを行い、titleタグを適切に表示させるようにしましょう。このタグの中に良いテキストや文字列、必要なキーワードがあるとそれだけでサイトのSEOに良い影響を及ぼします。
また、titleタグは基本的にgoogleの検索結果にも影響します。特に特殊な対策を行っていない場合、基本的に検索結果に表示されるのはtitleタグなのです。このため、魅力的な文字やクリックしたい文字列を入れると、CTR改善につながるでしょう。

なお、CTR改善とはクリック率改善という意味を持ちます。CTRとはクリック率という意味で、少しでもgoogleに表示された後はクリック数を増やす対策が必要になります。
また、表示される文字数にも一定の限度があります。表示される文字数は検索結果の表示により変わりますが、28文字とか30文字、15文字などといわれており、それぞれの結果ごとに違います。ただし、ある程度文字をキャッチーにした方が良いとされています。

同じように気にするべき文字列としては、h1タグというのもあります。h1タグとはそのページ内で最も強いタグで、基本的にHTMLのさまざまなタグの中でもgoogleがとても重視するもです。ですから、h1タグをどういう見出しにするのかという事もSEOに影響を及ぼします。
とはいえ、このh1タグについてはいろいろな意見があります。ページ内で最も注目される部分になりますので、ある程度重視する人が少なくありません。特に適切なキーワードを入れることはもちろん、画像を使う場合はalt値に適切なキーワードを入れることが大切となってきます。また、ページ内で複数使うことがSEOにどのような影響を及ぼすのか、という事も意見が分かれる傾向があります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧