• ホーム
  • 低品質ページは他ページと合体させよう

低品質ページは他ページと合体させよう

サイト運営をしていると、様々な質のコンテンツやページが出てきます。当然SEOに強い良いコンテンツのページもあれば、そうではない低品質なページも出てくるのではないでしょうか。実はこの低品質なページはSEO的にはよくありません。低品質なページや情報量が少ないページをインデックスされて評価されると、SEO的に悪い影響が出る場合があります。

こうした場合のいくつかの対策について見ていきましょう。まずはどうしてもシステム上、情報量が少ないページが出てしまうという場合の対策です。この場合には、そのページにはnoindexの設定を行いましょう。noindexとは、そのページをインデックスしないようにGoogleに伝えるひとつの方法のことです。ヘッダー内に書く必要がありますが、基本的にHTMLでの制御ができます。ちなみにPHPなどでまとめて書いて条件分岐させ、不要なページの傾向が分かっているのならそこだけnoindexを入れるようにしましょう。

次に、もしある程度低品質コンテンツが生まれてしまったページがある場合の対策についてです。その場合には、そのページをリライトするのも有効です。リライトとは文章を書き直すことで、コンテンツの質をアップさせて品質改善の効果をもたらします。基本的に情報量が少ないページはまとめたり複数のページを関連付けさせたりして、できるだけ低品質コンテンツを改善するようにしましょう。
低品質コンテンツが変わると、自然とサイトのコンテンツが上向いてSEO的にも有利になります。出来るだけ情報量の多いページを作るようにしましょう。

そのほか、品質改善の方法としては低品質なページを合体させてページの品質をアップさせ、評価を上げるという方法があります。低品質なページの例としてはコンテンツが少ないページなどが挙げられます。低品質なページの品質は自然に上がっていくことはありませんので、サイト内のコンテンツを充実させ、なおかつ品質をアップさせることにより、評価を上げるよう心がけていきましょう。

また、品質改善のためには情報量を増やしたり、適切な見出しをマークアップするなどの方法もあります。画像や解説を追加することによりSEOが増えたり、サイトの見せ方を工夫することでより品質改善の効果が出てくる場合もあるでしょう。たくさんのサイトの中でも高品質なページを増やすことで、自然とSEO効果も高くなってくるのです。

関連記事