• ホーム
  • 近年最も重要視されている被リンク

近年最も重要視されている被リンク

ノートパソコン

近年、最も重視されているのが被リンクです。
被リンクとは具体的に何かというと、単純にリンクを受けたという事や、その受けたリンクそのものを指します。
このため、ほかのサイトからリンクを受けることが重要なのですが、それらは放っておいて自然にできるとは限りません。
そこで、自分でドメインを買ってサイトを作り、そこからリンクを貼ってサイトのSEO対策を行うという方法があります。

これはどういうメリットがあるかというと、単純に被リンクを自分たちで行う事が出来るというものです。
SEO効果が高い被リンクとしては、やはりある程度リンクの注目度があるリンクや、サイトの被リンク数が多い事、またサイトの存在期間が長い事やリンクの期間が長いことなどがあります。
とは言え、このような被リンクは簡単に得られるものでは無いので、自分で作る方が積極的な対策につながるでしょう。
最近多用されている手法としては、中古ドメインでSEO対策をするというのが挙げられます。
中古ドメインとは、かつてどこかで使われていたドメインです。
基本的に中古ドメインはどこかのサイトで活用されていたのである程度リンクがあり、なおかつ外部施策などから第三者評価も受けています。
そのようなサイトを作り、リンクを張ってSEO施策につなげます。

また手軽にSEO対策が出来る方法のひとつとしては、最近ではSNSでの対策もあります。
SNSそのもののリンクは良いわけではありませんが、検索アルゴリズムがSNSの広がりや評価を検索アルゴリズムに反映させる傾向があるとされています。
このため、SNSでのリンクやサイトの取り上げられ方が、そのままサイトのSEOにつながる可能性が出てきているのです。
基本的にSNSなら何でもよい訳ではありません。
ですが、SEOとしての外部施策や、拡散効果があります。
とくに拡散したサイトやサービスは様々な他のサイトなどに広く知られ、SNSでバズった情報をまとめるサイトや個人ブログなどで掲載されるので、より被リンクが得やすいでしょう。

基本的に被リンクを得るためには第三者評価が必要で、客観的に魅力的なサイトやコンテンツからのリンクが良いとされています。
また、リンクは一時的に大量に発生しても一時的な価値しかありませんので、自然発生的なリンクを適切な頻度で発生させたいところです。
被リンク効果を期待するなら、タイミングにも気をつけましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧